クリニックで治すことが出来る病気、うつ病のすべて

薬と女性

うつのメカニズム

うつ病とはそもそも何なのか

現代社会の世界各国で問題視されている「うつ病」ですが、これは人によっては「甘え」というお門違いな発言をする精神論や根性論の押し付けと言える発言が時折見受けられますが、うつ病というのは明確な脳に弊害が起きて発生した人体の異常事態、エラー信号を発している病気であり、甘え云々を主張している人達というのは風邪を患った人に冬の外で裸でランニングをしてこいと命令しているのと同じモノなのです。 うつ病とは、脳内のドーパミンなどの脳内物質の分泌が低下したり、突発的な異常発生による脳神経や脳細胞へのダメージが蓄積されて、最終的に廃人の様なうつ病患者へとなってしまう背景があります。 これは人間個々人のストレスダメージ耐性や、アレルギー体質による日常生活の中で無意識下で感じる微生物観点からのノミやダニや人間の体内の普遍的に存在する寄生虫や微生物との相性の不和などが神経ダメージとなって脳に到達して発生してしまうなどのケースもあります。

労働者問題の1つでもあります

うつ病を発症するのは成人した労働者が多くを占めます。 これは日本では特に顕著に見られる傾向で、問題とすべき部分はこのうつ病を発症してしまうのは、その当事者が無理をしすぎる、または周囲の環境が無理の押し付けを平然と行うなどの過剰ストレスの発生を行ってしまっている為でもあると言えます。 これは人によりけりでダメージ耐性に違いがあるのが当然で、人によっては脳の視神経や細胞などが慣れ始めて人格の成長へと繋がるモノなどの過程論も絡むのですが、現代社会においてはシンプルに「長時間労働」や「パワーハラスメント」などが原因で社会人がうつ病を発症して、脳の回復に時間がかかる為でもあります。 そもそも、脳の回復と言いますが脳の細胞などの大半は人間の皮膚みたいに再生しないモノが構成の中で大半を占める為、一度ダメージを負った傷は改善できないケースも存在します。 これはベトナム戦争のアメリカ兵などの退役軍人などのトラウマなどが分かり易い一例であると言えます。 この様に、うつ病とは脳に発生した「傷」の問題であり精神論云々はお門違い以前の問題であり、逆に精神論云々が日本の高い自殺率の原因でもあると言われている所以になります。